ホーム > その他の用語 | 医系用語集 > 『歯科医師の過剰』とは

『歯科医師の過剰』とは

歯科医師の過剰が話題に上る際に、よく使われる表現が
「歯科医院はコンビニより多い」という言葉です。

2010(平成22)年現在、全国の歯科診療所数は68,167件
コンビニエンスストアの数は43,268件となっています。
2008(平成20)年の歯科医師数は99,426人で、
この10年間で1万人以上増加しています。

歯科医師・歯科診療所数が増え続けているのに対し、
歯科診療医療費はこの10年間2兆5000億円前後で推移しています。

そうしたことから最近は経済誌などで
「ワーキングプア歯科医」等の報道がなされ、
かつての「歯科医師=高収入」というイメージは
崩れてきていると言われます。

しかし、今後ますます高齢化が進む中で、
口腔ケア(入れ歯や差し歯、歯周病や口腔内のメンテナンスなど)を
担う歯科医師の役割は大きいと言えるでしょう。

また、歯科医師の半数近くが50歳以上であり、
その人々が第一線を退いた後は
若い世代の歯科医師が支えていく必要に迫られます。

適切な歯科医療が生活の質や健康に大きく影響することがわかってきた今、
歯科医師は「虫歯を治す人」から「口腔全体の専門医」へと
役割が変化しています。

その一方で、最近注目を集めているインプラント(人工歯根治療)に関する
医療訴訟の増加など、新たな問題も発生しています。

★☆★もっと詳しい内容は『2011  医系小論文・面接用語集』で★☆★
現在、ご希望の方全員に無料プレゼント中です。

医系小論文・面接用語集プレゼント

医学部へのビクトリーロード
~初めて医学部受験を目指すあなたへ~

このサイトでは、医学部受験について様々な情報をお伝えしていきます。

関連する投稿



RSS リーダーで購読する

コメント:2

風羽 11-06-10 (金) 21:48

防衛医大の情報も載せて頂けませんか。

victory 11-06-13 (月) 22:30

お返事遅くなってすみません。
防衛医科大学校は文部科学省の所轄外ということで(行政上の分類は防衛省の管轄になります)メルリックスの各種データでは取り扱っていないのですが、ご要望があれば、今後できる限りデータを掲載していこうと思います。

コメントフォーム
プロフィールと個人設定

トラックバック:0

このエントリのトラックバック URL
http://melurix-victory.com/glossary/2011-03-16/%e3%80%8e%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e5%b8%ab%e3%81%ae%e9%81%8e%e5%89%b0%e3%80%8f%e3%81%a8%e3%81%af/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
『歯科医師の過剰』とは から 初めて医学部受験を目指すあなたへ~最初の一歩~

ホーム > その他の用語 | 医系用語集 > 『歯科医師の過剰』とは

カレンダー
« 3 月 2011 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る