ホーム > 医系用語集 のアーカイブ

医系用語集 のアーカイブ

『代理(母)出産』とは

自らは不妊である女性が第三者(代理母)に妊娠・出産を依頼すること。
代理母出産とも言われます。

依頼した女性の卵子を用いた受精卵を使用する場合は借り腹(ホスト・マザー)
依頼された側の女性の卵子を用いる場合は代理母(サロゲート・マザー)と呼びます。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『チーム医療』とは

医師だけでなく、看護師・薬剤師・各種療法士・
医療ソーシャルワーカーなどの医療従事者が、
診療科や職種の垣根を越えて情報を共有しながら連携を図り、
治療を進めていく医療とその体制のことを言います。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『産業医』とは

事業場において働く人々の健康を支える医師のこと。

所定のカリキュラムを修了すること、
またはそれと同等以上の研修を修了することが条件となっています。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『歯科医師の過剰』とは

歯科医師の過剰が話題に上る際に、よく使われる表現が
「歯科医院はコンビニより多い」という言葉です。

2010(平成22)年現在、全国の歯科診療所数は68,167件
コンビニエンスストアの数は43,268件となっています。
2008(平成20)年の歯科医師数は99,426人で、
この10年間で1万人以上増加しています。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『バイオ燃料』とは

植物などの生物資源(バイオマス)を原料として生産された燃料のこと。

さとうきびやとうもろこしから作られるバイオエタノールや、
食用植物油の廃油を加工して作るバイオディーゼルなどがあります。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『京都議定書』とは

1997(平成9)年に京都で開催された
COP3(地球温暖化防止京都会議)において
採択された議定書。

2005(平成17)年に発効。温室効果ガスの排出量削減を目標とし、
2008年~12年の間に先進国締約国全体で90年比5%以上の削減、
および各国の具体的な数値目標を義務づけています。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『地球温暖化』とは

人類の活動が拡大することに伴い、
二酸化炭素などの温室効果ガスが増加し、
地球の表面温度が上昇して、
自然環境人間生活に影響が生じる現象。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『うつ病』とは

何らかの原因で気分が落ち込み、
身体のあちこちに不調が現れる精神疾患のこと。

厚生労働省の調査によると、
1999(平成11)年にうつ病と診断された患者は44.1万人でしたが、
2008(平成20)年には104.1万人と100万人を突破するなど、
もはや国民病と言っていい状況です。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『自殺』とは

人間が自らの命を絶つ行為の総称。

日本の戦後自殺者数は、1958(昭和33)年をピークに
年間1万~2万人台で推移してきましたが、
1998(平成10)年以来、12年連続毎年3万人を越える人が自殺しています。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『生活習慣病』とは

日本人の三大死因であるがん・脳卒中・心臓病を含む、
長い間の生活習慣がもとで発症する病気のこと。

食生活や運動習慣、喫煙、飲酒等の様々な生活習慣が
大きく関わっているとされます。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

ホーム > 医系用語集 のアーカイブ

カレンダー
« 12 月 2017 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る