ホーム > FAQ のアーカイブ

FAQ のアーカイブ

『適性検査(適性試験)ってどんなことをするのですか?』(2)

以前、私立医学部一般入試で行われる
適性検査(適性試験)についてお話ししました。

『適性検査(適性試験)ってどんなことをするのですか?』(1)

一般入試で適性検査を行う私立医学部は全部で6校ありますが、
偶然にもすべて東日本にある大学です。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『適性検査(適性試験)ってどんなことをするのですか?』(1)

私立医学部一般入試では、適性検査(適性試験)を行う大学がいくつかあります。

適性検査(適性試験)の内容は3つに分けられます。

1.クレペリン検査
2.YG検査
3.その他

1の「クレペリン検査」は岩手医科大学で行われており、

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『バウムテストって何ですか?』

バウムテストとは、樹木や実の絵を自由に描かせて その内容から様々なことを読み取る性格検査の一種です。
私立医学部では東京医科大学医学部推薦入試でよく出題されます。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『医学部入試の合否は1次試験の出来だけで決まるって本当ですか?』

私立医学部の入試についてささやかれる様々な噂の中には
真偽不明で首をひねるような内容のものも数多くあります。

その中のいくつかは、こちらの記事でも取り上げました。

『多浪生は不利ですか?』
『女子差別はありますか?』
『親が医師じゃないと不利ですか?』
『年齢による差別はありますか?』

なぜ、このような不確かな噂がささやかれるのでしょうか?

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『生物と物理のどちらを選択するべきですか?』(5)

ここまで生物物理のどちらを選択するべきかについて
具体的なデータを挙げながら見てきました。

『生物と物理のどちらを選択するべきですか?』(1)
『生物と物理のどちらを選択するべきですか?』(2)
『生物と物理のどちらを選択するべきですか?』(3)
『生物と物理のどちらを選択するべきですか?』(4)

結論としては、「点を取りやすい」「暗記が少ない」といった
表面的な情報に惑わされず、
自分が勉強しやすいと思う方を選択することがベストです。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『センター試験の得点調整はどういう場合に行われるのですか?』

2011年度(平成23年度)の大学入試センター試験が終わりました。

今年度は1月15日(土)・16日(日)の両日に行われ、
志願者数は前年度より5616人多い55万8984人でした。

18才人口は減少していますが、大学進学率は年々上昇しており、
センター利用入試を用いる私立大学も毎年増加しています。

センター試験は1月13日以降の最初の土日に実施されることが

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『生物と物理のどちらを選択するべきですか?』(4)

私立医学部の中で兵庫医科大学医学部
理科選択による合格者の成績データを公開しています。

2010年度(平成22年度)の一般入試において、
理科選択の人数と平均点は次のようになっています。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『生物と物理のどちらを選択するべきですか?』(3)

私立医学部入試において必ずしも満点を取る必要はありません。

合格最高点・最低点を公表している私立医学部のデータを見るとわかりますが、
大抵の場合、7割が合格ラインのひとつの目安になっています。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『生物と物理のどちらを選択するべきですか?』(2)

医学部入試において理科2科目を選択する場合、
生物物理のどちらにするべきか?

私どもの予備校によく寄せられるご質問の1つです。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

『生物と物理のどちらを選択するべきですか?』(1)

医学部入試において、ほとんどの大学では理科2科目が必要です。
国公立の中には理科3科目を課しているところもありますが、
一般的に科目負担を増やすと志願者は減る傾向にあります。

また、2012年度センター試験から
理科は最大2科目までしか受験できなくなります。

続きを読む

RSS リーダーで購読する

ホーム > FAQ のアーカイブ

カレンダー
« 12 月 2017 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
ページ

ページのトップに戻る